米国は良い国?

米国は 良い国?

 

米国は銃を容認しています。個人が所有をしています。

 

どうして?

開拓者時代の考え方から 抜け出せないのです。

 

いまだに 他人に任せると 言えない国なのです。

 

銃とは怖いものです。そのため 銃による 悲惨な事件事故がおきているにも関わらず

手放せないという 悪循環になっています。

 

銃の所有が日常であることは 人々の精神面に何をもたらしているのでしょうか?

 

銃は威嚇ではありません。死にます。

 

本人は死にます。本人はそのあとの結末を知りません。事件? 事故?

 

今も 米国とはそんな国なのです。

 

米国民は生まれた時から銃の怖さ・威力を 当然のこととした社会に育っています。

 

銃の無い国(一般国民が所有していない)の 理解できない精神状態の中なのです。

 

心の奥には 他人(自分以外)を 信頼するという当たり前のことができない社会

これは 大変不幸なことと思いますが 米国の方は どう思っているのでしょうか?

 

人種差別の起因の一つと 考えます。

 

不審に思えば撃つ 打たれる前に撃つ 自身が生き残ること 最優先。